ネット、社会、闇、日常

たわごと

nonsense

Mutter

5月27日 つぶやき

学生の頃はEテレや地方局でしか扱わないようなドキュメンタリーが作りたくて何となくバンドとか撮っていた。音楽やMVも嫌いじゃなかったが職業としては邦画とハリウッドの映画ほどに隔たりがあった。当時から俺はクソ真面目で硬派なやつを撮りたがったがたまたま音楽関係が目の前に転がっていただけだったんだと思う

 

現実はかけ離れておりデザインにしてもCDやレコードのジャケデザインなどは遠い存在で実際に1億年早いとか理由をつけられ未だやれていない。表参道界隈の意識たかそうに見えるだけの連中に根こそぎ持っていかれた、多分今も下北や高円寺のソレっぽい連中がやっているのだろう…ま、所詮関係ないからいいけど

 

仕方ないから金にならないからと自己暗示にかけあれやこれやとやってきて結果的に今がある。巡り会いをポジティブに捉える人もいるとは思うが巡り合わない方が良い現実はある。でも巡り合わねば今はない、

 

そのうちに別に意識せずともその類が向こうからやってくるようになる。狙う必要がなくなり気づけばその渦中にいたりする。結果はどうあれ昔思い描いた未来の自分になれている人は少ないと思う。

 

人生ままならないのが当たり前なんだ。

(c)made.in.fujiwara